Procreateを使ったLINEスタンプの作り方~実際に作ってみた~

LINEスタンプ
この記事は約3分で読めます。
asari
asari

こんにちは、asariです。

今回は、LINEスタンプを作っていきます。

LINEスタンプは2年ほど前に一度作ったことがあるのですが、やり方などいろいろ忘れてしまっていたので、次回作るときの覚書としての役割も込めてここに書いておきたいと思います。ではまずはざっくりとした制作手順からみていきましょう。

LINEスタンプ制作手順
  1. LINE Creaters Marketに登録する。
  2. 制作ガイドラインを確認する。
  3. スタンプに使うイラストや写真を準備する。
  4. LINE Creaters Marketにスタンプ用データを登録する。
  5. 審査を申請する。
  6. 販売する。

こうやって箇条書きで書いてみるとシンプルな手順ですよね。作り始める前は難しそうに思えるかもしれませんが、やってみると案外簡単です。なのであまり難しく考えず、とりあえずやってみましょう!

カムキャット先生
カムキャット先生

ようし早速、やってみよう!

LINE Creaters Marketに登録する(登録済の場合は不要)

これは、LINEアカウントがあれば簡単に登録できます。すでに登録済みの方は読み飛ばしていただいて問題ありません。

登録手順
  1. LINE Creaters Marketのトップページから登録画面に進む。
  2. LINEに登録しているメールアドレスパスワードでログインする。
  3. クリエイター情報を入力する。
  4. 入力したメールアドレス宛に登録確認メールが届く。
  5. 届いたメールに記載されているURLにアクセスする。
  6. クリエイター登録完了!

制作ガイドラインを確認する

カムキャット先生
カムキャット先生

まずはスタンプの制作ガイドラインを確認しよう!

必要な画像枚数サイズ(pixel)ファイル形式
①メイン画像1枚横240px × 縦240pxPNG形式
②スタンプ画像(選択式)8個/16個/24個/
32個/40個
横370px × 縦320px(最大)PNG形式
③トークルームタブ画像1個横96px × 縦74pxPNG形式
※2020年9月8日時点の情報です。

メイン画像は、販売する際にトップに出てくる画像です。

スタンプ画像は、実際に使用するスタンプの画像です。

トークルームタブ画像は、LINEのトーク画面でスタンプを探す時に表示されるアイコンです。

画像の外枠と、イラストの間には10pxほどの余白が必要です。画像を作る際には上下左右のバランスにも注意しましょう。

カムキャット先生
カムキャット先生

あと、NGなスタンプの種類も知っておこう

 NGなスタンプの種類

・日常生活で使用しにくいもの(例:物体、景色など)

・視認性が悪いもの(例:横長な画像や、8頭身キャラクターの全身など)

・スタンプ全体のバランスを著しく欠いているもの(例:淡色ばかりのもの、単なる数字の羅列など)

・公序良俗に反するもの、未成年者の飲酒喫煙を想起するもの、性的表現、暴力的表現、ナショナリズムを煽るもの

注意しなければいけないポイントはこんなところです。ではさっそくスタンプ画像を作っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました